お風呂の健康効果

身体の外側だけでなく内側もキレイにしてくれるお風呂、ここでは医学的にも証明されている入浴の健康効果をご紹介します。

温熱作用

温かいお湯に入るとまずは体の表面温度が上がります。そして血管を通し全身が温まります。体が温まると全身の血管が拡がり、血液の流れが良くなります。 これが温熱作用です。 これにより体内の老廃物や疲労物質が除去され、血液から栄養と酸素をもらいコリがほぐれ疲れが取れます。 さらに内臓の働きを助け、自律神経をコントロールする作用もあります。腎臓の働きもよくなり、利尿作用がはたらきます。 また温熱作用を利用した特殊な入浴法によりヒートショックプロテイン(HSP)が生成され、様々な健康効果(このページ下部でもう少し詳しく解説します。)が見込めます。

水圧作用

お風呂に入ることで受ける水圧は意外と大きく、肩まで浸かった場合にはウエストが5cm前後細くなるほどの圧力が発生します。 この水圧によって脚が締め付けられ、下半身に溜まった血液が心臓へ押し戻され、血液の循環を促進させます。 お風呂に入ると脚がスッキリするのは、この水圧による効果でむくみが改善されるからです。また、腹部にかかる水圧が横隔膜を押し上げて肺の容量を減少させるため、空気を補うために呼吸の回数が増え心肺機能が高まります。

浮力作用

水に浸かると水面下にある体積分が、大体9分の1程度に軽くなります。普段体重を支えている筋肉や関節は、その分普段抱えている重力から開放され筋肉の緊張がなくなり、とても大きなリラックス効果を得ることができるのです。 見えない身体の負担を軽減することにより、心の底から解放感を感じるとともに脳への刺激を減少させます。

ヒートショックプロテインの驚くべき効果

入浴によって増やすことができるヒートショックプロテイン

ヒートショックプロテイン

ヒートショックプロテイン(HSP)という言葉を聞いたことがありますでしょうか?インターネット等で調べるとたくさんの情報が出てきますが、ここでは簡単にご紹介させていただきたいと思います。ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復したり、壊れた細胞を分解する自己治癒力の働きがあります。現代のストレス社会では様々な精神的要因、物理的な要因によって細胞が傷つけられていきます。ヒートショックプロテイン(HSP)は殆どの生物が持つたんぱく質で、特定の細胞だけではなく身体を構成する全ての細胞を修復してくれるのです。ヒートショックという名のとおり、熱によるショックを身体に与えることによって増加されます。

マイルド加温入浴法

マイルド加温療法は,熱ストレスによって増加されるヒートショックプロテイン(HSP)の働き(ストレス防御作用,免疫増強作用)を利用し,様々な疾患の治療,健康維持に役立てる療法です。がんをはじめ、糖尿病、口腔内乾燥症、うつ病、統合失調症、不妊、低体温、シェーグレン症候群、美あれ、筋肉痛予防など現代社会のあらゆる「難病」の治療に効果を発揮します。ここであげた疾患は一部です。気になるお悩みがある方はそのお悩みがヒートショックプロテインで解決に役立つかどうか是非調べてみてください。

マイルド加温入浴法の方法

  1. お風呂を40℃〜42℃に設定して保温する。
  2. 湯船40℃のときは20分、41℃のときは15分、42℃のときは10分入る。
  3. お風呂を出たら、冷やさないよう保温する。

※入浴前後に300〜500ミリリットルの水分を補給を忘れないでください。 マイルド加温入浴法は週に2回の実践が推奨されています。